リンク集

2010年09月14日

神様への手紙!優子の詩!!

9月12日『神様への手紙』で感じた時の詩です。

原文です。

『神様への手紙』
文字を覚える 我が娘 毎日頑張る 姿には
直ぐに飽きると 思しも 強い思いの その先は
父を亡くした 悲しさを いい子にすると 神様に
送る手紙の ことばには パパを返して お願いと
幼いわが子の 思いやり もう直ぐパパが 帰るよと
元気に話す 娘見て なみだが止まらぬ 悲しさに
おもわず娘 抱きしめて 叶うものなら ただいまと
帰ってほしい 我が思い 娘におくる ありがとう

幼い子供の一途な思いに心打たれる優子です。
posted by 年老いたドジッコ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

天国からのメール!!


9月11日(土)・・・パナソニックの動画CM。人の切なさが心に染みます。母を思う心の優しさ、人を思い遣る心。上の無くなりつつ現代に、大切な人も心を、思い出されるCMに、涙が知らずに、頬を伝わって来ます。目にした時の感激は、生きる為にはこう言う心を、持ち続けていたい。

そんな事を心に刻み、涙ながらに心に誓う優子です。思いがけない贈り物に、人の素晴らしさを感じさせてくれる、素晴らしい動画に、人としての心を与えてくれました。

いかなる時にも、忘れる事無く、人としての生き方に責任ある心を持つ事が、触れ合う事の大切な、思いやりと優しさが、輝く事の出来る事だと教えられました。

唯感激して涙流すだけでなく、自らの心が、触れ合う人達に、優しさと思いやりの大切さを、知って頂ける様に、毎日を大切に過ごしたいと思います。

人の思いは、様々ですが、あなたの思いは?・・・
posted by 年老いたドジッコ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

償い 1・2






9月10日(水)・・・今日は以前他のコミュニティで掲載した記事です。以前お世話になったおばさんと食事に行って来ました。沢山の事お話しながら、昔の事を振り返りました。オーバーに昔と言ってしまいましたが、3年半位前に優子が友達の仕事手伝っていた頃に、お世話になった方です。

凄く輝いていらっしゃる方で、憧れの人です。食事と言っても大層な所に行くのでなく、ジャスコの中のテナントで、パスタ食べました。ここは結構美味しいと評判のお店です。その方は仕事の傍ら、ボランティアで色々参加している方で、お話聞きながら、凄くいい事言われるので、凄いの一言です。

『償い』と言う事でお話しされましたので、添付させて頂きます。

優子も少し記憶にありますが、以前さだまさしさんのお知り合いの方が交通事故で亡くなり、その時の奥さんの事を歌にされていました。裁判長が、貴方はさだまさしさんの『償い』の歌を知っていますか?と明言した事をニュースで流れたのを覚えておられる方も多いと思います。人を思いやる気持ちが、薄れていく中、ボランティアで色々な所で公演されています。

今迄のみずから犯した過ちは、誰しも持っています。犯罪の事ではなく、人を知らず知らずに傷付けてしまっている事に、自分自身が気づいていない事が犯罪なのです。優子にもぐさっと来た気がしました。

そのおばさんが言われるのは『自分では思いやっている積りでも、その人が、そう感じていなければ、逆に迷惑になると言う事らしいです。思いやる心は、その人に伝わってこそ、その言葉を引用出来るのです』と言われてしまいました。その時に、先に書いた裁判長の話が出て来ました。その為の償いが必要なんですと言われていましたが正直優子はその場では難し過ぎて、理解する事出来ませんでした。

帰って来てからおばさんの言っていた、さだまさしさんの『償い』の歌を探しました。初めて聞いた歌です。10回位聞きました。相手に伝わって初めて『償い』が出来た知う事が、少し理解出来た優子です。

短い言葉の『償い』それは凄く重い言葉なのだと理解しました。これからは言葉だけで無く、本当に思い遣れているのかと言う事に、もっと気をつけようと思う歌を聴きながらウルルン優子の今日の学びでした。

posted by 年老いたドジッコ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。